自分に似合う結婚指輪の選び方

結婚指輪はリングの幅やアームの形、選ぶ素材によっていろんなバリエーションがあります。


ブライダルリング専門店では、数百種類のデザインパターンの結婚指輪が用意されていることもあります。

デザインを一から企画することができるフルオーダーであれば、そのバリエーションはさらに広がります。


結婚指輪を選ぶポイントとしては、自分の指の長さや肌の色に似合うものを基準に選ぶのがおすすめです。
まず、結婚指輪の素材としてはホワイト系のプラチナやホワイトゴールドと、イエローゴールドやピンクゴールドのゴールド系に大きく分かれます。肌がブルーベースの人は、プラチナやホワイトゴールドの素材が肌に映えるためおすすめです。

話題の最新名古屋の婚約指輪ついてはこちらのサイトでご確認ください。

ゴールド系の素材を使用したリングはイエローベースの人が似合います。


指の長い人に似合うアームの形としては、ストレートタイプやS字タイプのアームがあります。



指が短い人には、指の長さを強調できるV字型がおすすめです。



指が太い人は、V字のラインのものやダイヤモンドなどでボリュームのあるデザインの指輪が視線をそらして、指を細くみせる効果があります。
逆に指が細い人の場合は、細く華奢なリングが似合います。

結婚指輪のモチーフにこだわるのであれば、女性であれば「ハート」や「星」「月」などが柔らかい印象を与えることができます。

クールな印象を与えたい場合は、「十字架」や「馬蹄」のものがおすすめです。


指輪は、店頭で見た場合と、自分の指にはめた場合とでは、雰囲気が変わりますので、購入する前には必ず試着したほうよいです。